06 2017

吐きだす

やっぱ、鬱々とするというか
胸が苦しい。何もする気が起きない。

鬱っていうか、精神的不快感。

ずっとこんな感じで生きてきた
から、これが当たり前だと思ってた
けど、たまにある普通の精神の日を
経験すると、これが異常なんだなって
思う。

10代の思春期くらいから、常に
死にたいと思ってた。
それも当たり前過ぎて、
周りの人達も、言わないだけで
みんな死にたいと思いながら
生きてるんだと思ってた。

、、、あまり、自分って可哀想的な
精神にならないようにしよう。

4 Comments

anemoneseven  

その感覚わかります。

朝起きて、いきなりの鬱々感とかどうしようもないですよね。
その後、1時間くらいため息ばかりついて一日が始まる・・・

ふと思い出すと、仕事していた時も同じ感覚を抱いてました。
その時は、やはり外圧でのストレスは多かったですが
それを乗り越えて、休みの前日の高揚感や
給与など、その対価は支払われていたと
今となっては感じます。

何か具体的な目標があったりすれば
少しは鬱々感も解消されるかもですね。

もう自転車は乗らないのですか?
自転車で目標をたてるのも一つでしょうし、
別の何かで目標をさがすのもいいとおもいますよ。

自発的に自分を苦しめることで
多少のストレス発散になることもあります。
そしてその苦しみが何かにつながる苦しみなら
心身ともに健康でいいのですがね。

なかなか思うようにはいきませんが(;・∀・)

2017/01/06 (Fri) 11:46 | EDIT | REPLY |   

ひとめ  

あねもねさんへ

一応目標はあるんですが、
精神がそれに追いつかない感じですね。

今日も、目標を掲げて朝から
行動してましたが、途中で発狂し
そうなくらい胸が苦しくなったので
中断しました。

十分、休む時間も自由な時間も
あるのに、かと言って一般の人のように
労働がまともにできるわけでもないし。
どうすれば良いのかわからないです。

自転車は、買ってもらって、大して
乗らない間に、離婚してしまったので、
いまは、元旦那の家にあります。

ギターも弾いてても、苦しいし。

素朴な疑問ですが、医者の処方を信じて
飲む精神薬て効くんですかね?

所詮、医者は自分で飲んで確かめた
わけじゃないし、医者の言うことは
ステレオタイプですよね。わたしは
精神科医に病気を治してもらおうと
いう希望は捨てました。

○イバンは、量を半分にしたら
てんかんは起こらなくなりました。
わたしが唯一効果を感じた抗うつ剤
ですし、そこら辺の医者の処方を
信じて飲んでた頃は、閉鎖病棟
二回入院、脳の電気治療をうける
まで悪化してたし、姑に暴力
振るったり、めちゃくちゃでした
し、これでもマシだというのが、
現状です。

現に、いま、医者は絶対否定
するような、イレギュラーな頓服を
飲んで落ちついてきましたし、
死なないだけマシなんかな。


2017/01/06 (Fri) 14:14 | EDIT | REPLY |   

anemoneseven  

薬なんて気休めですよ。
確かにメジャー系やBZ系はそれなりに
効果を発揮すると思いますが
メインとなるSSRI、SNRIは
個人的には毒だと思っています。

臨床例が少なすぎるし
副作用も予想外のものが
これからもどんどん出てくると思います。

だからといって今の医学を否定するのが正しいかといえば
医者にとっても予測ができないところだと思うのも事実です。

まだまだ精神医学にしても、他の医学にしても
ある意味では発展途上ですよね?
今の常識が、未来の非常識になることだって
十分に考えられます。

私個人の見解ですが
精神科医はお薬だしマシーンで且つ
病名決定マシーンでいいと思っています。

処方されて薬を飲むか飲まないかは患者に任されています。
飲まないでも調子が悪いと言い続ければ
立派に病気は成立します。

抗酒剤と一緒です。
きちんと飲んでますと言って
飲まずにアルコールを飲みまくることなんて
だれも管理できませんからね。

いいも悪いも、決定的なエビデンスが出ない
精神医学など利用してなんぼだと思いますよ。

あくまでも個人的な見解です。

2017/01/06 (Fri) 21:20 | EDIT | REPLY |   

ひとめ  

Re:

確かに、精神薬は難しい。

わたしは、何人もの精神科医に
診てもらいましたが、それぞれ
違う病名をつけるし、違うこと
をいうし、違う薬を処方するし、
もう訳がわからないです。。。。

2017/01/07 (Sat) 13:09 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment