15 2016

わたしにとっての作曲

今、とある曲の編曲とギターアレンジを
任されたので、やっているのだけど
デモで作ったやつを、プロの音源
と比べたら、なんかわたしのが
古いモノラルのレコードで、プロのが
最新のステレオBlu-rayって感じがした。
音楽詳しくないので、例えが間違ってる
かもしれないな。
とにかく、プロってお金をとるだけ
あって、凄いなあと思った。
もちろん機材の差はあるけど、
技術の差がすごいのだと思う。

そんな、プロと同じのが出来たら、
お金せしめられるし、あたり前なんだけど。

作曲は、中学の頃からやってきたけど、
なんか、努力も足りなかったし、才能
もなかったので、技術面とかでレベルの
低い曲しか未だに作れない。

でも、楽しいし、たまに自分を天才だと
錯覚してしまう「周りが見えなくなる
病」にかかって遊ぶこともできるし、
死ぬまでやれたら良いくらい好き。
いつも、上手かったらわたしっぽくない。
とか、かなりの言い訳をしてるから、
技術面でもレベルが高くなって、
より自分を表現できれるようになれ
たら死んでも良いくらい幸せだな。

色々書いたけど、
面白い曲を作ってる自負はあるので、
リンク先から飛んでわたしの曲を
聴いてほしいです。
だめなとことか、ダメ出しでも良いから
感想が欲しい。

たぶん、3人くらいしか見てない
ブログだけど、たまに来る通行人
など、暇だったら聴いてな。




0 Comments

Leave a comment