07 2016

頭の中がぐちゃぐちゃ

抱え込んだ負債が多すぎて、幸福になるにはもう手遅れ。

ただ中の下くらいで生きることはできるかもしれない。

それが唯一の希望。

人類みんな幸せがないように、誰かにはしわ寄せが来て
不幸のどん底で泣いてる。

昔読んだ宗教本に書いてあったことは嘘だった。

新興宗教は金儲けだらけ。

天使はいない。だから悪魔もいない。

でも、もし天使がいるなら皆天使だ。

悪魔がいるなら皆悪魔だ。

人間皆平等なはずだ。

輪廻転生は本当だろうか。

永遠の生命は存在するのだろうか。

神様はいるのだろうか。

天国や楽園は存在するのだろうか。

過ちってなんだろうか。

正しい行いってなんだろうか。

どっちの道が正解なのだろうか。

私は今どこにいるのだろうか。


ただ我慢できないことが存在して、
悲しいことが存在して、苦痛が存在して、

愛しいものが存在して、失いたくないものがあって、
忘れたくないことがあって、手に入れたいものがあって、

いろんなものが頭の中の世界で混在して、
わけがわからなくなっている。


ただダンプカーに轢かれてぐちゃぐちゃになりたくはない。

不幸のどん底の極みでJR天王寺駅のホームから飛び込み自殺はしたくない。

全てに見捨てられて孤独なまま年をとって、アパートの一室で一週間後に腐乱死体で
見つかりたくはない。


そうならない為の努力。

頑張るのではなく、戦うだ。


たまに自分が存在してるのかしてないのか
わからなくなることがある。

全部夢じゃないかと思うことがある。

死んだら終わるバーチャルRPGゲームをやってるような
気分になることもある。


金魚鉢の中の金魚に人間社会を想像しろと強要しても
無理なように、わたしにも理解不可能なことがある。


宇宙の果てが理解できないようにわたしにも理解不可能なことがある。


だから、わたしがもうこの世の終わりだと感じたとて
それはただ知らないだけなのかもしれない。


世界は破滅に向かっているのか、楽園を創造しようとしているのか
どっちかだと思う。


世界の破滅と楽園は共存しない。


不幸な人と幸福な人も共存しない。


何れは一つになると思う。


大きな塊になって、光の束になって、それが収束して、、、、、、