17 2015

生きたいのか死にたいのか

苦しいのは自分のことしか考えていないせいなのかもしれない。

自分が楽になる方法ばかり考えて、自分を支えてくれている人たちの
ことなどどうでもよくなっていた。

自分がしねばわたしは楽になるけど、残された人たちのことは
何も考えていなかった。

わたしは死ぬことが正しいと思っていた。

でも、寿命がくるまで生き抜くことが正しいのか?

わからない。

わからない。

苦しいのは、神様がわたしに早く自殺しろって言ってる事だと思って、
ずっとその強迫観念に追われていた。いまも追われている。

逃げても逃げても、どんなに強い力で払いのけようと思っても、
その苦しさはわたしの心の中から出ていかない。

ただ、死ななきゃいけない。死ななきゃいけない。

そのことで頭がいっぱいになって気が狂いそうになる。

なぜわたしは苦しいのか。病気だからか。

手首はズタズタだし、切っても切っても血だけが流れて
ただそれだけ。

何の解決にもならない。

でも、切ることによって少し心が楽になる。

だから、切ることを責められると、逃げ場がなくなる。

本当は死にたいんじゃなくて、生きたい。

0 Comments

Leave a comment