14 2015

軽い躁状態。

今までにない精神状態だったので、入院先の薬は残っていたが
効かない上に、副作用が酷いので、元々通っていた外来のH先生に診てもらった。

先生の見解としては、すごく難しいような顔してたけど、
電気治療(計3回)やったがうえに、軽い躁状態になり、

イライラしたり、やたらしゃべったり、活動的になってしまっているので
はないのか。とのこと。

それがあるのに、希死念慮やOD症状(いまは薬を旦那が管理)
自傷症状みたいな、鬱気味の不安定さもあるので、

頓服を

レキソタン(本当の処方してよい限界量をうまく工夫してくれて
1日5mgを6錠飲んでよいことにしてくれた)と、

もっと激しい症状が出たときにはカタプレス錠0.075mg(1日一回)

ひどいイライラ時にはヒルナミン25mgが処方された(1日一回)

どれも、眠気の副作用が強いので、効きはじめるのを根気よく
我慢していたら、自殺症状があったとしても自傷症状が酷くなっても、
寝てしまって、気分も落着くのではないとのこと。

常備薬としては、ツムラの25を食間に。

朝、昼、晩はソラナックス0.8mgを二錠ずつ。

それに加え晩後だけに、エビリファイ6mgが3錠とレスリン5mgが加わった。

入院先のG先生と、だいぶ、、というかまったく
薬が変わったのだが、医師によってこんなにも違うのか。

でも、今はレキソタンすでに二回飲んでいるが、イライラ感は抑えられてる。

ただ頭がぼーっとする。

G先生はソラナックスが頓服だったんだけど、H先生は常備薬として
出すんだね。

医師によって、だいぶ薬の処方が変わるんだな。


ソラナックスの変化のなさにはびっくりだったから、レキソタンでよいよ。

レキソタンは頭がぼんやりして、余計なこと考えないから。

その代わり、活動が停滞してしまうのだが。

イライラ感は、他人に迷惑をかけるので、本当に嫌だったし、
はやく治まって欲しい。



0 Comments

Leave a comment